2006年12月25日

アクティブ・フィルタの設計は・・・

FilterPro.png
Texas InstrumentsFilterProを利用すると簡単にできます。実際に回路をつくってトラブったときはQucsに回路図を書き写してシミュレートしてやれば、どこでおかしくなったのか一発で分かります。

これで、高次のフィルタがあっという間にできるぞ♪
posted by metola at 22:54| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

Buneman周波数推定

ある振動する系からの信号のスペクトルが分かっていて、そのピークの位置から周波数を求めたいというときがあります。でも、普通は時系列は離散化されていているので、スペクトルの周波数の値も飛び飛びで(スペクトル幅があるので)、ある程度以上の精度で決定することは望めません。

ところが、SN比の良い信号であると、かなりの正確に周波数を求めることができます。たとえばLabviewの中にはBuneman Frequency estimatorというのが入っていて、これを使うと、ある種の補完を用いてスペクトルのピークの位置を推定してくれます。

ではBuneman法による周波数推定について考えて見ましょう。

続きを読む
ラベル:MAXIMA
posted by metola at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

QucsでLPFを作ってみた。

7Chev_LPF.jpg
ツールにあるやつを使って設計。適当に回路定数を調整して、実際に作れそうなものに。前後にバッファアンプをかませると簡単にできますね。すばらしい。明日作ろう。

ラベル:Qucs
posted by metola at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

Rで連番処理

Rを使って統計処理をするときに、たくさん似たような処理を繰り返すのでいちいちコマンドを書くのは面倒ということがあります。こういうときはFOR文を使うとかなりコードを短縮できます。
コツは変数やファイル名に連番をつけることです。あとは、

for(i in 番号) eval(parse(text=paste("
hoge_",i,"egoh
",sep="")))

のように使います。ここでiに連番の番号が入ります。

たとえば、ファイル名がA1.dat〜A100.datというファイルのデータをread.tableで読み込んでa1〜a100という変数に代入したいときは

for(i in 1:5) eval(parse(text=paste("
a",i," <- read.table('a",i,".dat')
",sep="")))


のように使います。「eval」と「parse」は、他にも便利な応用に使えます。たとえば、a1〜a100の2カラム目のデータの二乗平均を取りたいときは
m_sq <- eval(parse(text=paste("a",1:100,"$V2 ^2",sep="",collapse="+")))/100)

とすればOKです。($は半角に直します。)
ヘルプファイルを見ていろいろ試してみてください。

参照
RプログラミングTips大全-(Rjpwiki)
posted by metola at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 統計解析システムR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Physical Review

Recent stories in Physical Review Focus

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。