2006年12月22日

Buneman周波数推定

ある振動する系からの信号のスペクトルが分かっていて、そのピークの位置から周波数を求めたいというときがあります。でも、普通は時系列は離散化されていているので、スペクトルの周波数の値も飛び飛びで(スペクトル幅があるので)、ある程度以上の精度で決定することは望めません。

ところが、SN比の良い信号であると、かなりの正確に周波数を求めることができます。たとえばLabviewの中にはBuneman Frequency estimatorというのが入っていて、これを使うと、ある種の補完を用いてスペクトルのピークの位置を推定してくれます。

ではBuneman法による周波数推定について考えて見ましょう。

続きを読む
タグ:MAXIMA
posted by metola at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Physical Review

Recent stories in Physical Review Focus

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。