2006年08月24日

惑星の数は?

太陽系惑星「8個案」で調整…国際天文学連合総会 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
"太陽系の惑星を9個から12個に増やすとする惑星の定義案を示していた国際天文学連合(本部・パリ)は23日、冥王(めいおう)星を惑星の地位から格下げし、8個にする修正案で最終調整に入った。
(略)

〈1〉自分の重力で球形になったもの
〈2〉その軌道領域で主要な天体であること――などを惑星とする新定義案で最終調整に乗り出した。

 新定義によると、軌道が海王星と一部重なり、ほかの惑星よりはるかに小さい冥王星は、惑星の座からすべり落ちることになる。「セレス」「カロン」も惑星の資格はなくなる。"

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060823it04.htm

惑星の定義は、科学的な根拠より、輝かしい物理の発展に照らして行われるべきだと思います。もともと冥王星は、海王星や天王星の軌道のずれを説明するために第9惑星があるのではないかと考えられ、一生懸命探した結果見つかったもの。
だから惑星なんです。

結局、質量の推定量から、海王星や天王星の軌道のずれを説明することはできないことが分かっているんですが、どんなに探しても「第9の惑星」に該当するものは冥王星以外に無かった。

惑星としての冥王星は、私たちが、宇宙についてそして物理学そのものについて如何に理解していないかを鋭く指摘する存在として、大きな意味を持っていると思います。

posted by metola at 11:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

水金地火木土天海冥
Excerpt: 「惑星は8個」で決着へ 冥王星は除外の見通し (共同通信) - goo ニュース 今までに覚えた水金地火木土天海冥…冥海…ってこれから使えなくなるの?確か冥王星って他の星と違った軌道を回ってるし… 新..
Weblog: 求人情報 大阪・京都・神戸 ホストクラブ
Tracked: 2006-08-24 13:29

Physical Review

Recent stories in Physical Review Focus

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。